忍者ブログ
PSVita・3DSのゲームについて、適当に書いていきます。
プロフィール
HN:
lapis
性別:
非公開
自己紹介:
「PSO2」で、レンピカという名前でTeBoメインにやっています。
「討鬼伝 極」では瑠璃、「カルドセプト3DS」ではレンピカという名前でオンに出没します(最近はin率低めです)。

PSP用ゲーム「天誅 忍大全」で使用できる任務データを配布しています。
ダウンロードは自己責任でお願い致します。

当ブログで使用している画像(スクリーンショット)の著作権は、全て各著作権者に帰属します。転載は固く禁じます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
セプタータグ

PSVita版「バイオハザード リベレーションズ2」を購入しました。



多少心配していた画質ですが、十分綺麗でした。
下の画像は、モイラがバールのようなもので追い打ちしているところです。適当に撮ったので、何をしているのか分かりませんね。



とりあえず難易度はノーマルで始めました。



で、とりあえずエンディングまでクリアしました。
評価が残念なのは、主に私の糞エイムの所為です。

続きは今作の感想です。




今作の感想は「買って大満足」です。

とはいえ気になった箇所もあるので、まずはそこから述べます。
まずは、暗所が本当に暗いことです。夜空の下や影の中では、初期設定のままだと何も見えないことがありました。まぁこれは、ソフトとハード両方の輝度を最大にすることで解決できたのでそこまで大きな問題でもありません。
次に、「決定」が「×ボタン」で、「キャンセル」が「○ボタン」であることです。慣れてしまえばそれほどでも無いのですが、慣れるまでは混乱させられました。キーコンフィグさせて欲しいというのが本音です。
最後に、ロードが微妙に長いことです。普段は気になりませんが、何度もリトライする際にじれったくなります。ちなみに、火炎放射器の部屋で敵が周囲にいる状況でシャッターを開けようとしてロード画面になると、ロード画面にもかかわらずキャラの悲鳴が響き、やがて死亡→リトライになります。ちゃんと殲滅しろ、ってことですかね。

さて、ここからは良いと感じたところを述べます。
まずは難易度についてです。ノーマルでプレイしましたが、自身の中で攻略法が確立されていないこともあってか、中々の手応えでした。弾薬や回復が割とカツカツで、敵と遭遇するたびに(良い意味で)うんざりさせられました。限られた物資を節約して立ち回るのが面白かったです。
次にシステムについてです。操作キャラ切り替え(特にバリーとナタリア)がとても素晴らしいです。最近のバイオは出てくる登場人物全てが超人化しているきらいがあったので、銃も撃てない、ナイフも振れない、できるのは投石のみというキャラ(=ナタリア)を操作できるのはBOWに対する恐怖を思い出すことに繋がりました。またナタリアは、探索や索敵、敵の弱点部位の把握に関しての性能が良いので、バリーとの役割分担がなされているのも良い点です。

その他、私の場合初見で10時間以上かかるボリューム、高画質なカットシーン等、良い点はまだまだあります。
4以降のバイオハザードが嫌いな人にも楽しめるのではないかと思います。


だらだら書いてきましたが、現時点ではこんな感じですかね。
レイドモードに関しては未だやっていないので分かりません。

とりあえず難易度サバイバルをやってきます。


9/19 追記

ロード画面でのフリーズor長時間ロードは、火炎放射器の部屋以外でも起こるようです。
バリー編EP1の最初のシャッターを開ける際に、周囲に虫が残っていると、ロード画面に移行→数分経ってもロードが終わらなくなりました。その後リトライし、虫を殲滅してからシャッターを開けるとすんなり次のマップに行けたので、やはり敵が周囲にいる状態でのシャッターの開閉はNGなようです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カウンター
最新記事
(01/01)
(12/03)
(03/19)
(02/01)
(05/31)
最新CM
[07/31 賽]
[05/23 のす]
[05/20 のす]
管理画面
忍者ブログ [PR]