忍者ブログ
PSVita・3DSのゲームについて、適当に書いていきます。
プロフィール
HN:
lapis
性別:
非公開
自己紹介:
「PSO2」で、レンピカという名前でTeBoメインにやっています。
「討鬼伝 極」では瑠璃、「カルドセプト3DS」ではレンピカという名前でオンに出没します(最近はin率低めです)。

PSP用ゲーム「天誅 忍大全」で使用できる任務データを配布しています。
ダウンロードは自己責任でお願い致します。

当ブログで使用している画像(スクリーンショット)の著作権は、全て各著作権者に帰属します。転載は固く禁じます。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
セプタータグ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「討鬼伝 極」で私がオススメする、装備(武器・ミタマの組み合わせ)紹介第十七弾です。
続きからどうぞ。


「討鬼伝 極」のオススメの装備(武器・ミタマの組み合わせ)紹介、一つ目は癒双刀です。






「クシナダヒメ」「イザナギ」「藤堂平助」で「大和魂」「武神ノ砦強化・一閃」「武神ノ砦強化・増幅」「武神ノ砦強化・猛攻」×2「武神ノ砦延長+10」「英霊の激励」「闘志」×2「突破力」「会心力上昇 大」「会心力上昇 特」が発動しています。

コンセプトは「武神ノ砦特化、闘志と合わせて気力を補充」です。
武器元々の会心力を上昇系スキルで強化し、さらに「武神ノ砦強化・一閃」もあるため「闘志」が常時有効に働きます。双刀の手数とも相まって、気力が枯渇することはほぼありません。また「英霊の激励」があるので、各種タマフリのクールタイムも短縮することができます。その他、空中では被ダメージが増加してしまう双刀にとって、豊富な体力回復手段を持つ癒スタイルはそもそも相性がいいと思われます。
女神ノ社や変若水が無強化であるため、体力面でのサポート性能には過大な期待はできないことに要注意です。


二つ目は献薙刀です。




 

「幾松」「銀杏お藤」「笠森お仙」で「大和魂」「献身特化・増幅」「治癒強化・天恵」「治癒強化・周囲」「治癒強化・増幅」×2「舞踊のたしなみ」「英霊の加護」「治癒増加+3」×2「治癒強化・快気」「治癒強化・快癒」とおまけで「街の人気者」が発動しています。
 
コンセプトは「治癒特化、捨身供儀と合わせて味方の体力をサポート」です。
「治癒増加+3」×2のおかげで治癒を16回使用できるため、各種スキルで強化した治癒を味方のサポートに惜しまず使うことができます。「治癒強化・快気」「治癒強化・快癒」によって気力や状態異常へのサポートも行えることが、この装備の利点です。また命ノ楔や捨身供儀によって何かと体力を減らす機会の多い献スタイルにとって、体力の回復手段に事欠かないことは非常にありがたいです。その他「献身強化・増幅」もあるので、微力ながら火力面のサポートも行うことできます。
味方に癒スタイルがいると回復過剰になるため、この装備は使用しない方が良いかもしれません。

 
他のオススメの装備(武器・ミタマの組み合わせ)紹介はコチラから。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索
カウンター
最新CM
[07/31 賽]
[05/23 のす]
[05/20 のす]
管理画面
忍者ブログ [PR]